近畿支部 支部長 矢島 一よりご挨拶

 日本は東日本大震災後、政治、経済を中心にあらゆる分野で「再生」が望まれています。私たちリフォーム業者が目指すのは、住宅業界の再生です。私達の生活の中で、住まいは欠かすことの出来ない大切な要素です。「家」を任されることは、「命」を任されること。私たちはそう信じています。

今から30年程前、世の中は新築住宅が主流で、リフォーム工事は「修理」「営繕」「既築」と呼ばれ、あまり知られていない業界でした。そのような時代背景の中、日本の伝統文化である木造住宅の再生に取り組み、この近畿から発祥したのが「日本住宅リフォーム産業協会」です。そして今では、国内最大の「優良リフォーム組織」になり、国・地方自治体とはじめ、各業界からも信頼を得る団体となりました。

 これからの住宅産業は、国の政策・補助金をみても、新築ではなく中古住宅・リフォームが主力となっていきます。私達が果たす社会的役割が、ますます大きくなっていくのです。

矢島支部長
近畿支部 支部長 矢島 一

 日本住宅リフォーム産業協会に加盟している会員企業は、個性の違いはありますが、地域に密着し、お客様への「安心・安全・信頼」を提供する「確かな技術集団」です。

私達の会社は、大手企業ではありませんが、人間として一番大切な、人と人の繋がりを大切にし、互いに切磋琢磨して成長しています。

お客様におかれまして、どうぞ安心して私たち(一社)日本住宅リフォーム産業協会近畿支部会員企業にリフォーム工事をご依頼ください。

また、まだ加盟されていないリフォーム工事業者様は、どうぞご一報ください。私たちとリフォーム業界の健全な発展に努めましょう。

                                                      平成28年度

                                             

一般社団法人 日本住宅リフォーム産業協会

                                                     近畿支部 支部長

                                                         矢島 一

ページの先頭へ